FC2ブログ

♭AKIHOフェチ♭

Domina AKIHOのblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

透け透けついでに

お洋服の整理をしていたところ、あることに気づきました。
私のワードローブは透けてる素材の服がやたら多い、多すぎる!!!

どうやら、、私はシースルーの服が凄く好きです。と告白しておきますわ。。

こうゆうお洋服は何かを物語っている感じがしてすぐに手に取ってしまう。
体にものすごくフィットしていなくても、肌が見え隠れしてしまうなんて、そのまんまボディーラインを強調するよりかえってソソラレてしまうのでしょうね。

少なくとも私はグッッと来ます。
来ない君なんて考えられなーい!趣味が合わなそうです。それくらい好き。
特に一見セクシーではない、むしろ清楚なデザインなのにぃ!『透けてる』のがいいですね。
「悪気はなくってよ、うふふ、、。あら、どこをごらんになってらっしゃるの?
いけませんね、ちょいとこちらへいらっしゃい!」
なんて台詞が聞こえてきそうです。

メンズのシースルーもいいかもしれないですね。女性のシースルー好きな君も是非自分でも着てご覧あそばせ♪
きっと虜になってしまうでしょう!そして私に見せに来てね。
今度『すけすけの会』を開こうっと!参加希望は晃穂まで。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2007/11/30(金) 03:40:08|
  2. Mail magazine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

これを見よ、ランジェリーヌへの道

これを見よ!ランジェリーへの道


もっと透けたくば、NEWSを見よ。
  1. 2007/11/28(水) 22:38:32|
  2. Akihoの戯れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8


先日ある男性のニヤつく顔を見ていたら、ふっと少女の頃の記憶がよぎりました。
実はわたくし晃穂は少女の頃、大の男子嫌いでした。

なぜなら、学校で席替えのとき、くじに裏工作を図って毎回私の隣の席をゲットする輩がいたり、
私の持ち物をなめ回す奴や、裏路地で性器を見せあいっこしようなんて言ってくる近所の子や、
塾が一緒だというだけで話したこともないのに自分の彼女のように言いふらかす子、
と全く理解を超えたことの連発だったのです。
良い男子も中にはいましたが、そういう子も私の嫌うような男子とつるむとすぐに染まってしまう。

「なんて、この者達はお下劣で言葉の通じない生き物だろう。はなれていたい!一刻も早く!」と
毎日心の中でつぶやいておりました。その結果、中高6年間、女子校に通ってしまいました。
今考えると、その男子と離れてしまった期間が私の人格形成をあらぬ方向にもっていってしまった気がするのです。

女子校、女の園とはある意味偏った場所です。
そこでバランスをとるべく、女の子達は女ではなく何か両性のようなものになってしまっていたきがします。
女の子っぽいところが全くない、特に私なんかは男子の名前までつけられ、男役に見立てられることが多く、
そんな思春期を送っていました。

まあ、その後青年となった男子達と再び出会うようになると、またいろいろと変化があるのですが、、。
それはまた別の機会に。

その頃形成された男性性は、今でも私の中に色濃く存在します。
その部分が今現在、男性の中の女性性や受け身な態度を求めているのかもしれませんね。

君のそこを貪り続けて行きたい、、、、、性ですな。
  1. 2007/11/28(水) 18:42:27|
  2. Mail magazine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

28(水)本日8時から臨時出勤します。

めったに来れない水曜日。よろしく。
アキホのblogはインターネットエクスプローラー7でないと段組がずれますよ。一番新しいのにすればいいってこってす。
  1. 2007/11/28(水) 14:19:13|
  2. Announcement
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カサブランカ・レディ

カサブランカ・レディ
ききわけのないM男の頬を
ひとつふたつ張り倒して
背中を向けてスイーツを食べれば
それで何にも言うことはないわ♪

ボギー。あんたの時代は終わったわ。
女がピカピカのキザでいられる時代よ。

しゃべりすぎるM男のクチを
腰のペニバンでふさぎながら
背中に鞭を振り下ろす
ほかに何にもすることはないわ♪

  1. 2007/11/27(火) 23:48:20|
  2. Akihoの戯れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤンとの遭遇、シンクロニシティー。

おやおや、マオさんとフェ痴山田先生はシンクロしてたみたいですな。
マオさんは今頃雲の上かな?
ボンボヤージュ!

そして更に、わたくしめもその声に出したいヤン・シュワンクマイエルの御本を以前購入していたのです!!!奇遇ですな。

それは乱歩の『人間椅子』が好きだと以前お話ししていたお友達へのプレゼントだったので、自分ではぱらりと見ただけでしたが、見つけてその方のニンマリ顔を思い浮かべた私は、レジへ直行でした。

そして今日はシュワンクマイエルの『ルナシー』という比較的新しい長編を観ました。
今わたくしの脳は奇妙な世界の映画を無性に欲していてね。
快楽人には思考の旅が必須ですもの。


でもね、あんまり集中できず。。。
前に観た『アリス』も『オテサーネク』も『ファウスト』も映像がとても面白いのだけれど、やはり彼のアニメ作品を10代の頃に観た衝撃の再来はなく。

あの時は彼の単編をいろいろと貪り観ては、、、
「このチェコ人はあたしをなんて恐ろしく魅惑的な世界へ連れてってくれるのだろう。
早くあたしも、、、、超現実的な冒険へお出かけしなくては!!」
といろんなことに精を出していました。

今も旅は続いているのだけどね。。
どこにもいかなくても可能な旅もあるのです。

そうそう、ヤン違いでヤン・ファーブルも私の衝撃のアーティスト。
あのファーブル虫博士の孫にしてシオラーズが旅立ったベルギーのお方。

あのような衝撃作に最近出会えなくて色々物色してはう~ん違うの繰り返し。
あなたの衝撃作はなにかしら?

「あ~面白かった。」っていうのは衝撃ではない。

それはまさに思考の錬金術、
危険な旅でなくてはいけない、
目を背けてはいけない。


20071127023455


  1. 2007/11/27(火) 02:34:55|
  2. フェ痴山田晃穂の心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

アンケート



皆さん投票はお済みかしら?

今のアンケートは来週の日曜日で締め切ります。
そしてせっかくのみなさんのご厚意に感謝して、

なんと!なんと!ここでトップを飾ったコスチュームの新たな写真をアップいたします。

ランジェリー好きが今のところ多数をしめていますね。
でも私はコルセットが一押しなの。
  1. 2007/11/25(日) 15:20:24|
  2. Announcement
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Sexless

20071125013117
昨日元シオラーズ、マイ様とりささん改めあゆみ様のバンド、Sexlessのギグに参りました。ライブハウスって高校生ぶり。。
SMとロックってこうもマッチするものなのですね。
それに『Sexless』って名前にやられた。そんなものにも目もくれず、もっと深い官能のメタファーのようで、、、。と言うのは勝手な私の独断ですが。確かにSMってメタSEXですもの!!!


お二人はとっても麗しいボンテージ姿、合間のトークはSo Cool。
その氷の微笑に私は「嗚呼!つれないディーバこっちを向いて~!」と思わず黄色い歓声。

マイさんを囲むグルーピーかき分け、ワタクシ鼻息荒げて生写真にサインまでもらっちゃった!

歌って凄いコミュニケーションですよ。一方通行のようでいてライブは特にインタラクティブ。
あの声には何か末恐ろしいモノを感じた。
会場もそう、マイさんの声、目、パフォーマンスの一挙一動にみんな集中して、魅せられて、震え上がって?!いた。新たな音楽の形であり、SMの形。
次のライブも楽しみです。私も好きな『青い部屋』。

わたしもまた交わしてみたいわ。そんな濃ゆいの。

  1. 2007/11/25(日) 01:31:17|
  2. Diary
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

夏が過ぎ、秋が駆け足で去って行ったこんな寒い季節は、ふっと祭りの後のような気配が漂います。
あなたはどんな気配を感じてますか?晃穂です。

先日縄のレッスンにて、またまたとっても大事なことをいくつか得てきました。
本当に尊敬できる師匠に巡り会えてつくづく感謝の気持ちを抱いております。

1つは気持ちのこと、これはどんな分野にも言及できるトピックです。このことについて先生とお話ししている際、プロの中のプロの域に達した方の一つ一つの言葉の重みが私の中にどっしりと感じられました。

そして師匠が監修されたビデオはとっても素敵でした。
はや習いはじめて半年が過ぎるというのにちゃんと見させていただいたのは、お恥ずかしながら初めてだったのです。
そこには、縄の型の数だけの情の交わしと美意識が詰まっていて時を忘れて見入ってしまいました。
そして映像がとてもしっかりと美しく配慮されているのです。
和室がやはりメインとなっているのですが、あそこまで陰影が味わい深さを持ったクオリティーをキープし続けるのは並大抵のことではありません。
聞けばスタッフの方々も時代劇映画などと兼任されていると聞いて、
深くうなずけました。

日本の家屋の作りを活かしたプレイとはなんとも趣のあるものです。
これらの作品は縄好き以外の方ひいてはSM趣向も関係なく絶対知るべき世界だと感じました。

私の先日の映像作品の撮影も映画スタッフの方が作り込んでくださった、気持ちのよいライティングでした。普段はなかなかできない演出にも挑戦いたしましたので、とてもいい刺激になりました。
いつかは私も監修してみたいという野望も芽生えてしまったり。

まだまだ道は長いかもしれないけれど、確実にのめり込んで行っている自分に、日々きづかされます。

メルマガU-Lasiora 11/20より抜粋
  1. 2007/11/24(土) 18:25:51|
  2. Mail magazine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤い闘牛士

20071121205804

ついに、赤皮パンツゲットした晃穂女王様。早速嬉々としてお召しになる。

「やっぱり私の体は本革になじむわ。」
とつぶやく彼女。そして時折、目をギラつかせては熱い吐息をこぼされるのだった。

皮、毛と動物の一部を身にまとうと、彼女の普段は眠っているワイルドソウルが呼びさまされ雄叫びをあげる。(但しヒョウ柄も可)


「次はスペインのトマト祭りに絶対いったる!!!そこで錦飾ったる!!!」
と、意気込みながら空を見つめる晃穂様。



「、、、、、、、、、、、、なぜ?」
と僕はこころのなかで思うが口には出せないまま、トマトソースを作るのだった。。。

赤いコルセットと合わせて来たら、なんてエッジィなドミナ姿。
まるでヨーロッパの女王様の写真集でみたような。

その女王様達は犬をお連れになっていたけれど、僕は晃穂様には牛がいいと思うんだ。
  1. 2007/11/21(水) 20:58:04|
  2. 僕の晃穂様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

声に出して読みたいフェチ            歌人 フェ痴山田 晃穂

20071119200700
こんなんにさせていただきました。

あんよの真ん中からなんか出てるのがヒワイでええね。
さあ、ご一緒に~♪

コスプレは~

するのもいいが~

させるとな~

なおのことにも~

味わい深く~

フェ痴山田 晃穂
  1. 2007/11/19(月) 20:07:00|
  2. フェ痴山田晃穂の心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ある日のアキホくん

20071119005850
このあと、このロウソクは鞭で綺麗にとりましたとさ。
なんやかんやと更新したいお年頃ね。ちゃんとまとまったことも近々書きたいわ。いや書くわ。

あと、、、、、

な、な、なんと!Englishでもこのブログは読めるの。
Englishというより、Japanglishといった風味だけれど、これを見て皆も英語のお勉強しましょう!
私には凄く勉強になってる。

下の赤い皮パンが皮のbreadって変換されたのにはまいりましたが。うけるので放置。。

English Speakerには、日本語変態スラングの勉強になると思う。
  1. 2007/11/19(月) 00:58:50|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

赤い革パン

20071118201503


欲しい
  1. 2007/11/18(日) 20:15:03|
  2. Akiho's アイテム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DVD撮影

先日の撮影で撮っていただいた画像です。DVDとして発売予定です。

ドキドキですわね。
ビデオとスチール両方同時にバシバシ進んでいったので大混乱!!!

プロフィールの写真もその時のですが、こちらは撮影用の衣装でございます。
セクシー取り調べ室でハレンチ拷問!!の巻でござーりー。
[DVD撮影]の続きを読む
  1. 2007/11/18(日) 15:20:15|
  2. Akiho's DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

10周年パーティショー画像

BubbleShare: Share photos - Thanksgivingtime!

6月30日シオラの周年パーティー。

あの日は熱かった。

そうアキホ女王様は見られる快感を覚えてしまったのである。
女は誰でも見せたがりーや。

アキホ様は、期待の色を隠さず物欲しげに整列したオーディエンスの前へおもむろに登場し、ひとしきりセクシーダンスをお気の済むまで踊りになった。

キャットスーツならぬパンサースーツに身をつつみ、牝ヒョウに扮せられたアキホ様は、椅子に乗っておみあしをパックリ大開脚!

見せつけられたM猫はお口をあんぐり。

そこへアキホ様はすかさず、自慢のでかいブツを放り込まれたのでした!!


あの日から僕はアキホ様に飼われてしまう夢を見る。。

アキホ、、、、こしゃくな女だぜ。
  1. 2007/11/16(金) 00:22:28|
  2. Gallery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

はじめまして

おっと!晃穂さん、ついにブログデビューです。

その名もズバリ「AKIHOフェチ」

読む方の脳にアキホ~波を送ってアキホフェチに感染させてしまおうって作戦です。

悪あがきせずに素直に汚染されましょう。

  1. 2007/11/15(木) 20:25:41|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7