FC2ブログ

♭AKIHOフェチ♭

Domina AKIHOのblog

鉄の掟 鋼の心


強靭であれ
moblog_fac3c629.jpg



淫乱であれ




撃てば響く心身を築け

全ては私の笑顔のために



撃てば必中 守りは堅く 進む姿は乱れなし
鉄の掟 鋼の心
moblog_d371086c.jpg






調教が効いて初めて愉しみを得られる、
幸せを感じるひととき

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2016/02/25(木) 15:28:02|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もがいてもオートマティックに進む道

たった今お前は限界を超えつつある。


今日は私の引いたラインまでは絶対に連れて行くと決めた。


そして、その途中にお前は暴れたり泣きを入れたりと無駄にあがいては私を挑発する。


お前には今日の目的とお前の目指すべき地点を告げてあげた。


お前は全く挑発しているなんて自覚も余裕もなくてただ必死にそこから逃げ出そうとしているだけ。


そんなことは知っている。


けれども私はそのもがきや懇願や錯乱に欲情するのだから、たった今お前のしている行為はお前が逃げたい現実から逃げるためには逆効果でしかないわね。


それも教えてあげたはず。私にとっては何の反応もないプレイなんてつまらないものでしかないと言ったの。


聞いてなかったなら、また身をもってわからせてあげなくてはいけないわね。


私の今日の目標は見た事もないようなお前の様を見せてくれる、有意義なもの。


気がふれる程に自分を壊して欲しいと懇願した覚えはなかったかしら?


お前のなかのどの部分がその深淵すぎるマゾヒスティックな性を露呈させていたのでしょうね。


私しか知り得ないのかもしれないわね。


だって私たちのしている事は正解なんてない、特殊なコミュニケーションだから。


と同時に永遠のディスコミュニケーションでもあるともいえよう。お前が泣き叫ぶ限りはね♪


逃げようとするお前を前に、私は壊されたいお前を透かして見ています。逃げれば逃げる程。


これ以上適当な方法?そんなものはどこにもない。私が決めたらこれしかない。


そのうち理解できる。


さあ、奴隷の言葉を復唱なさい、勝手に止めてはいけない事くらいは覚えていなさい。


そうすれば、私の引いたラインへつなぐレールに乗せてあげよう。


あとはお前が何も考えられなくともオートマティックに目的に達せるように。


白2


  1. 2015/11/19(木) 12:26:55|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

完成が待ち遠しい

道具か物のような扱い、利便性の低い真似は一切許されない。


徹底的に身分の差を身体に染み込ませ続ける。

それ自身の意思の自由は必要にあらず。

主人の好む仕様を察知し尽くすよう、鞭と飴を使い、調教する。





汝の喜びの何たるかを知れ。






一朝一夕ではない道のりだった。
お前の完成が待ち遠しいわ♪


  1. 2014/02/08(土) 02:10:07|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

矯正ギプス?!





少し動くだけでも顔を歪めてしまう程乳首に響く重圧の中、次々と続く私の命令。


ちょっとしたお遊びだったはずが、お前の不適切な言動により、
私の代わりにハイヒールはお前への責め具となった。
重々とお前に反省を促してくれたことでしょう。
そして、適切な言動と行動をとれるように、矯正してあげる。


『努力します。』


言ったからにはビシビシいくわよ。
体に叩き込むのも私の奴隷への大事な一歩。

  1. 2013/08/13(火) 13:18:09|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

お前の位置

べんき

良い眺めでしょ。

私のそろそろというサイン、、、見逃してぼけっとしてるなんてお前には許されないのよ。
私に言われなくてもささっと床にひれ伏して
『失礼します』とこの位置につく。


『ベンキ』と身体に熱い文字で刻みこまれて、ベンキ奴隷の目線がお前になじんでくるまで。


お前の位置はここ。
よく覚えてらっしゃい。

お前を心地よく使えたら、恥ずかしく膨れ上がったレバーで遊んであげようかしら。
蔑めば蔑む程にお前が気持ち良くなってしまっても、私に仕える事を思い出させてあげなくてはならない。

口いっぱい黄金をくわえて、恥ずかしい姿を全部曝け出し、激しく興奮する便器、、、面白いわね♪
本気で便器になりたいならこのくらいやってくれなきゃね。


私にとっても便器調教は真剣勝負なのだから。




  1. 2011/11/26(土) 15:57:20|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犯される人

『犯される』ってことがどういうことなのかってことがわからない?
形ばかりのペニバンを突っ込むただのプレイではなくて、優しく一つになろうねなんて戯言ではない容赦のない『犯す』って行為。

だれが自分の主人かと思い知らすためのものであり、お前の口が中毒性を帯びた甘美な涎を泡を噴くまでやむことはない。

自分が下で主人が上であることに至上の喜びを感じ、そこに本来の自身を見いだし、犯されたくて仕方がなくなってしまうまで犯さなくては『犯す』ことに意味はない。

主人に本気で犯したい欲を芽生えさせる為にお前が出来ることは、ただ自分の身を全て差し出すこと。

なぜ怖いのに心から欲してしまう?

本気で身も心も犯されることで経験したことのない自分自身に遭遇してしまうことは怖いけれど、出会わずに死ぬことは許されないときっとお前の遺伝子が叫んでいるのだろうね。


私はお前の口先にではなくそこに耳を澄ましてそのタイミングを見計らう。


やっとその時がくる。

お前は下の下の喜びに支配され祝福される。
erika elevator
  1. 2011/04/25(月) 03:50:29|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奴隷譚歌9

お前にはオトコとしては用なしだ。


お前は私の痰壷として機能する。


私のお口から出るもの全てを受け止めるのだ。


なんて甘美な響きだろう。



糞壷としてなら、、、、



もっと愛してあげよう。



私の下で眠らせてやる。
  1. 2010/08/02(月) 02:06:24|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

裏奴隷譚歌~ピンクのブタちゃん


すぐにビービー泣くお前なんぞのおけつには立派な革の鞭よりこっちがお似合いだよ。


こんな子供騙しでさえ音をあげるなんぞ、
お前は毛の生えそろった赤ん坊だな。


奴隷だのマゾだの大人の遊びまであと10年はかかるかな。


その頃には誰がお前を飼うのだろうね。。。


さあ、大きな赤ちゃん、ママのオッパイの時間だよ~。


あれ~、ママのオッパイどこかにいっちゃったかな。ないねえ。


今日からは一人でまんまだよ~。


出来るよね~。
偉いね~。
頑張るんだね~。


よしよし。ブタちゃんも応援したいといってるよ。


だからお前のおけつを早くだしなさい。


もうビービー泣かないんだよ。泣かない子にはおっぱいよりもっとも~っと美味しいまんまだよ。
ぜーんぜん怖くないよ~。




ビービービービービービービービービービービービービービー



ほっといたらこのままじゃ20年かなあ。



その時間、縮めてやらなくてはね。


泣き止んだのなら、ついてきな。

DSC_0090_convert_20100729134340.jpg


  1. 2010/07/29(木) 12:31:12|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

奴隷譚歌8

私が下着を脱ぎ、放る。


犬のようにそれを取りにいくのがお前の役目。


そして私の下で口を開けて待つ。


私の便器もお前の役目。



なのにお前ときたら、その下着といつまでも戯れているではないか。


『私の便器はどこだ!』


私に言われるまでわからないお前には更に鍛錬が必要だな。


使用前には口が閉じれぬよう、
使用後には口が開けれぬように、


たっぷり修行させてあげよう。


さあ、お前、こちらへ来なさい。


私の下で便器の姿勢におなり。



  1. 2010/06/22(火) 01:18:08|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

奴隷譚歌7

服従するぞ

服従するぞ

服従するぞ
,
,
,
,

と百回と唱えなさい。


聞こえない。
そんな蚊の鳴くような声はカウントに入れない。お前の口は何のためについてる口なのだ?

これが終わらなければ、お前は果ててはならない。



百回終わった?

じゃあ次は、、、、、百発だ。

数を数えながら手も休めてはいけない。

お前には休む暇などない。

私の管理の下で勝手なまねは許さない。







  1. 2009/06/13(土) 05:15:14|
  2. 晃穂の奴隷制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ